Blog&column
ブログ・コラム

ハーバリウムオイルの正しい処分法について

query_builder 2021/10/13
コラム
4
ハーバリウムは、花が色褪せをしにくいため長い間飾れるインテリアです。
しかし、いつか処分が必要になることもあるかもしれません。
いざ処分となった時に「オイルが入っているけど大丈夫?」と戸惑う方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、ハーバリウムオイルの正しい処分法について説明しますので、よかったら参考にしてください。

▼ハーバリウム
ハーバリウムは、花材を腐りにくくするために専用のオイルに漬けてあります。
早速、オイルの正しい処分法を見ていきましょう。

■ハーバリウムオイルの正しい捨て方
ハーバリウムを処分する時は、オイルが中に入っているためそのまま捨てないで下さい。
処分方法としては、天ぷらや揚げ物などで使った食用油を処分する時と同様です。
注意点としては、オイルを排水溝に流し捨てない事です。
法律でも、一般家庭で出る油を排水溝に流すことは禁じられていますので注意しましょう。

■廃油の処分方法
・牛乳パックなどの紙のパックに入れる
・油用の凝固剤を使用する
・ポリ袋などのビニール袋に捨てる
など

一般的に、新聞紙や古布などにオイルを浸み込ませて可燃ゴミとして処分する方が多いです。
各自治体によって、処分方法が定められている場合もありますので事前に確認すると良いでしょう。

■回収サービスを利用する
各自治体によっては、食用油専用の回収ボックスを設置している事もあります。
こういった回収は、資源の再利用を目的としているため進んで利用しましょう。
また回収ボックスとは別に、業者が回収をしてくれるサービスなどもあります。

オイルを処分する際は、ルールに従う事が大切です。

▼まとめ
ハーバリウムオイルの正しい捨て方は、排水溝に流すのではなくしっかりと処理してから捨てる事です。
天ぷらや揚げ物に使用した食用油を捨てる時と、要領は同じです。
また回収ボックスなどがある地域の場合、資源の再利用となるので心掛けましょうね。

NEW

  • ハーバリウムをオシャレに活用する方法について

    query_builder 2021/10/17
  • ハーバリウムオイルの正しい処分法について

    query_builder 2021/10/13
  • ハーバリウムの作り方について

    query_builder 2021/10/05

CATEGORY

ARCHIVE