Blog&column
ブログ・コラム

プリザーブドフラワーの正しい保存方法は?

query_builder 2021/12/15
コラム
19
プリザーブドフラワーを良い状態で保つには、日頃の管理が大切です。
そこで今回は、プリザーブドフラワーの正しい保存方法について解説していきます。

▼プリザーブドフラワーの寿命は?
プリザーブドフラワーの寿命は2~3年ほどと言われたりしますが、きちんと管理すれば5年以上保存できる場合もあります。
ただし日本は湿度が高い気候なので、ヨーロッパなどと比べると長く保存するのが難しい傾向があります。
そこで正しい保存方法を知ることにより、できる限り寿命を延ばすことが可能になります。

▼プリザーブドフラワーの正しい保存方法
プリザーブドフラワーは、次のように保存すると長持ちします。

■ケースに入れて保管する
最も良い保存方法がケースに入れて保管することです。
一度ホコリが付いてしまうと取り除くことが大変になってしまいます。
もちろん初めからケースに入っているプリザーブドフラワーを購入するのもおすすめですよ。

■直射日光を当てない
直射日光を浴び続けると、プリザーブドフラワーは徐々に色あせていきます。
窓際に飾るのもオシャレですが、長持ちさせるのは難しいでしょう。

■多湿な環境を避ける
トイレやお風呂、キッチンの水廻りなど、多湿な環境に飾るのも避けましょう。
湿度が50%以上になると、花びらに染み込んだ染料がにじみ出てきやすくなります。

▼まとめ
ぜひ正しい保存方法を実践して、プリザーブドフラワーを長持ちさせてあげてくださいね。
千葉県八街市にある株式会社ラゴミュータでは、プリザーブドフラワーのネット販売を行なっております。
こだわりのプリザーブドフラワーを大切な人に贈れば、とても喜ばれますよ。

NEW

  • ハーバリウムのアレンジには何があるの?

    query_builder 2022/05/15
  • ハーバリウムのオイルに色付けする方法とは?

    query_builder 2022/05/01
  • 一年後のハーバリウムはどうなるの?

    query_builder 2022/04/15
  • ハーバリウムに手入れは必要?

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE